ロシアンブルーのよだれが気になる?その原因は猫風邪かも

よだれの原因

猫は気まぐれで、寄ってきたかと思うと次の瞬間どっかに行ってしまう。触ろうとすると嫌がるくせに、気分がいい時は触ってくれと近寄ってくる。そんなところも可愛かったりするのが猫なんですけどね。

 

そんな可愛い愛猫のロシアンブルーが最近よだれを垂らすようになったなんて方はいらっしゃいませんか。猫は一般的にはよだれをあまり垂らすことがありません。よだれを垂らすようになったら、何らかの不調のサインである可能性があります。

 

その中の理由として考えられるものとして、猫風邪があります。人間ならちょっとした風邪なら放置しがちですが、猫は重症になってしまうこともあるようです。今回はよだれと猫風邪の関係について紹介させていただきます。

1.猫風邪とは

猫風邪になる原因のウイルスというのは様々で、ウイルスによって治療法も異なります。猫風邪を引き起こす原因となるウイルスとして代表的なのは「クラミジア」「カリシウイルス」「ヘルペスウイルス」です。

 

猫風邪の原因となるウイルスは飛沫感染をするので、野良猫が集団でいる場合、集団内のほとんどの猫が猫風邪を潜伏させている可能性が高いと言えます。外で飼い主が野良猫を触ったまま自分の飼い猫に触ると感染してしまう場合もあります。

2.猫風邪の症状

どのウイルスに感染しているかによって症状は異なりますが、猫風邪の代表的な症状としては以下のようなものがあります。

  • くしゃみや咳を繰り返す
  • 鼻水を出す
  • 目ヤニがたくさん出ている
  • 角膜の炎症によって目をつぶっている
  • 食欲不振
  • 発熱
  • 口臭がきつくなる
  • よだれを出すようになる

人間と同じような症状が多いですよね。ただ、鼻水やくしゃみをしているからといって猫風邪というわけではなく、アレルギーや歯周病、猫喘息、鼻の中に腫瘍ができている場合などがあります。心配であれば動物病院で診てもらうのが一番です。

3.猫風邪の治療方法

猫風邪の場合は抗生剤や抗ウイルス剤を投与することで治ります。動物病院で処方された薬をきちんと飲ませてあげることで治ります。また、目ヤニを抑えるために目薬をさしたり、食欲不振で栄養補給が必要である場合は点滴をすることもあります。

 

普通の成猫が猫風邪で亡くなるというこはほとんどないようです。しかし、子猫や高齢の猫などの免疫力が低い猫の場合は重症化してしまい、きちんと対処しないと命に関わる場合があるので、きちんと病院に連れて行ってあげるようにしましょう。

4.猫風邪の予防方法

猫風邪は生活環境を改善したり、ワクチンの摂取をすることによってある程度予防することができます。猫風邪の原因となるウイルスは外部からの飛沫感染が主な原因となります。

 

飼っている愛猫が少しの間外に出てしまった時に、野良猫と接触してしまうことでウイルスに感染してしまったなんてこともあるので、戸締りをきちんとするようにしましょう。

 

また、ワクチンを接種しておくのも猫風邪の予防となります。ヘルペスウイルスやカリシウイルスは注射で予防できますし、ウイルスに感染してしまった場合でも症状が軽く済むことがあります。

5.猫風邪の治療費はどのくらい?

猫風邪にかかってしまった愛猫を動物病院で診てもらうとどのくらい治療費はかかるのでしょうか?治療費は猫風邪の種類や症状によって異なるようです。一般的には治療費は数千円程度のケースが多いようです。

 

症状が重く、入院をする場合は1日5,000円程度入院費がかかります。血液検査などをした場合は1万円程度かかります。動物病院は人間と違って保険の適用がないので、どうしても治療費は高くなってしまいます

 

最近ではペット保険というのがあり、加入している飼い主さんも増えてきているようです。月々500円程度から入れる保険もあり、万が一の時に備えて加入しているようです。

6.まとめ

愛猫のロシアンブルーが最近よだれを垂らすようになった気がする、なんてことがあったとしたら、もしかしたら猫風邪を引いている可能性があります。よだれ以外の症状があり、ひどいようであれば動物病院に行って診てもらいましょう。

 

猫はあまりよだれを垂らすことがない生き物です。もし、よだれを垂らすようになったとしたら、何らかの病気のサインかもしれません。毎日愛猫の様子をチェックしてあげるようにして下さいね。

1位 モグニャン

モグニャンには白身魚が63%も配合されています。フルーツや野菜も多く使用されており、飽きがこないキャットフードです。もちろん穀物が含まれていないグレインフリーで、消化吸収率も高く、便秘や下痢になりにくいので安心です。

モグニャンは高たんぱく質で高脂質なキャットフードです。高脂質と聞くと肥満が心配されますが、脂質が高いことによって満腹感が得られるので、脂質は高い方が健康的なので安心してください。

また、ドライタイプのキャットフードなので、口臭やよだれの原因となる歯周病の予防としても適しています。

2位 カナガンキャットフード

カナガンキャットフードは高たんぱく質で、太りにくいキャットフードとしてオススメです。こちらも穀物が含まれていないグレインフリーで、添加物が不使用で安心して与えることができるキャットフードです。

カナガンキャットフードはカロリーが高めに設定されているので、愛猫の体重から必要な量を算出して与えないと肥満の減員になってしまう場合があります。

3位 シンプリーキャットフード

シンプリーキャットフードも高たんぱく質で高脂質なキャットフードです。穀物が含まれていないグレインフリーで、なおかつ低カロリーなので、安心して与えることができます。

原材料は人間でも食べることのできるヒューマングレードです。糖尿病になってしまうリスクが高いロシアンブルーですが、その点も配慮して開発されていえキャットフードなのでオススメのキャットフードです。

よだれの原因
schule117をフォローする

コメント